LNGとは About

LNGとは

LNG(Liquefied Natural Gas)とは、ガス田や油田から採掘した天然ガスを分離・精製し、マイナス162℃に冷却して液化したものです。天然ガスは、液化することにより体積が約600分の1になりますので、可搬性に優れています。

性状

標準発熱量
(MJ/kg)
標準液密度
(kg/m3
標準成分(mol%)
メタン エタン プロパン その他
54.6 460 89.4 7.0 2.6 1.0

環境特性

LNGは、その生産過程で硫黄分や塵などの不純物を取り除きますので、燃焼時に硫黄酸化物やばいじんを発生せず、二酸化炭素排出量も石油に比べて少ないクリーンエネルギーです。

  天然ガス 石油 石炭
SOx
(硫黄酸化物)
0 70 100
NOx
(窒素酸化物)
20~40 70 100
CO2
(二酸化炭素)
60 80 100

※石炭を100とした場合の発生量 (燃焼時)
出典:IEA「Natural Gas Prospects to 2010」(1986)

ページの先頭へ